給湯流茶道

column

ベネフィット >

【参加者募集】利休、リストラされたってよ茶会@京都・戦前建築「古今燕」

千利休が秀吉から切腹を

じられかけ

を作った

と言い伝えがある

都・大徳寺


・・・の近所、

築100年(推定)の

おもしろ建築スペースで

給湯流茶会やります!


_ABE0072.jpg


その名も

「利休、リストラ

されたってよ茶会」


茶道初心者、大歓迎!


広い部屋で、

ディスタンス

とりながら

お茶飲みます。



●日
2021年11月7日 
15時開演


●場


京都府京都市北区紫野北舟岡町27−84

(大徳寺から徒歩10分





●料金(お菓子・抹茶付き)

予約1591円

当日2000円


※体調不良で欠席の場合は、決済手数料150円を引いた金額を返金いたします。せこい零細団体で恐縮です(泣)。ご了承ください。

※体調不良以外で欠席された場合は、返金できません。




●予約方法
PaypalのIDをお作りの上、下記よりお支払いください
1分でID 作れます
↓↓




※空席がある場合は、そのまま決済ページへすすめます。
※決済ページへ進めない場合は、満席です。
※「まだ空席があるか?」お問い合わせはご遠慮ください。


●問い合わせ
メール件名を「【910】11月7日」として
下記へ送信ください

info※910ryu.com

※を@にかえてください


「古今燕」はおもしろい戦前建築。
見出し画像


「古今燕」運営スタッフさんによると、「建物として変わっていて全室茶室様式で床の間が三あり床柱も部違う木材です。」




どう考えても道楽で建てた家で、襖に刺繍があるところを見ると西陣織の旦那んが建てたんではないかと思われます。」とのこと。建物もおもしろいので、ぜひご参加ください!

●出演

谷田半休(給湯流茶道)

_KIM2660.jpg


サラリーマンのため、彼らの戦場であるオフィスビル給湯室で抹茶をたてる茶道ユニット、2010年結成。信長や秀吉が戦場で茶会をしていたエピソードを現代に再現し、リストラ、パワハラ、ブラック企業と戦う人の職場で抹茶をたてる。

文化放送で立川志の輔さんに褒められたり、テレビ朝日竹内由恵アナに「抹茶おいしい」とほっこりしていただいたり、MXTVで梅沢富美男さんに「サラリーマンは生ぬるい」とディスられるなど、賛否両論いただく。

給湯室を飛び出し、ロンドンの弁護士事務所から、廃線になったJR西日本・宇都井駅、道後温泉ストリップ小屋まで、様々な「諸行無常な戦いの場」でも茶会を決行。

小学館・日本文化の入り口マガジン『和樂web』で記事を執筆スタート。



«  小学館『和楽web』に給湯流茶道について執筆しました (news)