給湯流茶道

news

シブヤ大学で「オフィスで楽しむ現代版茶道」講座をやりました

2014年シブヤ大学で、働いている人を対象に「オフィスで楽しむ現代版茶道」授業をやりました!


https://www.shibuya-univ.net/report/detail/718/
渋谷大学.PNG

渋谷2.PNG

渋谷3.PNG

渋谷4.PNGhttps://www.shibuya-univ.net/report/detail/718/


渋谷5.PNG
渋谷6.PNG
渋谷7.PNG
渋谷8.PNG





===========
一般的に"茶道"というと、「お茶ひとすじ何十年!」といった専門家に習うもの、という
イメージがあるかもしれません。
しかし、千利休が活躍した時代は、お茶だけで生計を立てた人はおらず、
利休は魚問屋をいとなみ、ほかの茶人は信長とか秀吉とか戦国武将だらけ。
普段は、領地の税収入や軍事予算に頭を抱え、天下取りそうな武将といかに仲良くするか悩み
日々仕事と戦っていた人たちが、茶会をしていました。
茶会中の話題も、「鉄砲をいくつ用意してほしい」とか、「信長、いつ殺す?」とか仕事の話になることもしばしばあったそうです。


だったら現代の茶道にも、私たちが日々働くなかで生まれるいろんな葛藤を話題にする茶会があっていいのでは?

今回の先生の谷田半休さんは、OLとして、日々、仕事をしながら、
職場で学んだいろんなことを話題にして給湯室で茶会を行う"給湯流茶道"という現代版茶道を色々な場所で行う活動を行っています。

今回の授業では、そのような活動実践されている谷田さんを先生に迎えて、
なぜ"給湯流茶道"を行っているのか、茶会をやるようになってからの先生の仕事観の変化など、色々とお話を伺います。
後半の授業では、初心者でも楽しめる「給湯流茶会」の体験や自身の仕事について話すグループワークも実施予定です。

「自分らしく働く」など、仕事や働き方について近年注目は集まっていますが、
どんな仕事にも、自分に合う・合わない部分はあると思います。

それでも続けていくものが"仕事"という面もあるのではないでしょうか。
この授業でお茶を楽しみつつ、そのような悲喜交々ある仕事についてちょっと周りの人と話してみませんか。

【授業の流れ】受付:2階・調理実習室
14:00 授業開始
14:05 先生の講演
14:40 各班にわかれて「給湯流茶道」茶会体験(初心者でもOK)・ご自身の仕事観ざっくばらんトーク
15:40 質疑応答/ふりかえり~記念撮影
16:30 終了
※授業後10分程度、アンケートのご記入にご協力をお願いいたします。
※スケジュールは当日変更する可能性もございますのでご了承ください。


<先生の活動「給湯流」について>
今は茶道というと女性のイメージが強いですが
利休の時代、茶会の主な参加者はサムライでした。

斬った斬られたの戦乱からしばし離れ、凛とした空間の静けさを楽しみつつお茶を飲みリフレッシュしたのです。

利休から400年。
現代のサムライといえばサラリーマンとOLです!
社会で戦う彼らこそ今、お茶会をすべきなのです!

給湯流茶道は、サラリーマンとOLへ向け「給湯室でお茶会をしよう!」という提案をする現代茶道ムーブメントとして、2010年サラリーマンとOL5名で結成。
http://www.910ryu.com/
https://www.facebook.com/910ryu.tea.ceremony

●給湯室での主な「茶会」実績:
(株)セガ、アサヒビールCSR事業「すみだ川アートプロジェクト」、多摩美術大学学園祭、増上寺、成田山書道美術館、新潟市イベント「がたふぇす」、山口市立山口情報芸術センターYCAMDOMMUNEビル、UPLINK、ロンドン弁護士事務所、経済産業省採択事業「世界茶産地フェスティバル」、秋田県能代市畠町市中心市街地活性化室


(授業コーディネーター 山口由季子 )

先生

[ 給湯流茶道家元(仮) ]

谷田 半休

東京生まれ。諸行無常な窓際OL業務をこなす中で、DJやラッパーをめざすも挫折・・・そんなときにモーニング連載中の戦国武将&利休がでてくる茶の湯マンガ「へうげもの」に出会う。「へうげもの」から、戦国武将が戦争の合間に、死と隣り合わせで茶の湯を楽しんでいたことを知り感動。さらに利休がつくった国宝ミニマル茶室「待庵」が職場の給湯室と同じくらい狭いことに驚愕。さっそく昼休みに給湯室で同僚と正座で茶会をしたところ異常にもりあがり、茶道は、リストラという「死」と隣り合わせであるOLとサラリーマンこそがやるべきだ!とシュプレヒコールをあげ、2009年「給湯流茶道」を発足。発足以来、成田山書道美術館、(株)セガ、UPLINK、(株)アサヒビール「すみだ川アートプロジェクト」ロンドンの弁護士事務所など様々な給湯室で茶会を決行中!MEGUMI(ドラゴンアッシュの奥さんのほう)に電話インタビューを受けるなどメディア露出も。夢は、日本中のイケメンサラリーマンが給湯室で抹茶をたててくれること、オフィスビルでの風邪☆撲滅(抹茶のむと風邪ひかなくなります!)と「タモリ倶楽部」に出ること。


給湯流茶道サイト http://www.910ryu.com/






«  立川志の輔さんのラジオに出演しました (news)