給湯流茶道

column

競合分析 >

【展覧会レポ】円山応挙展@中之島香雪美術館

朝日新聞創設者の美術館、
中之島香雪美術館行ってきました

円山応挙と、彼に影響を受けた人たちの絵画展です

円山応挙は18世紀に町衆の間で大ブレイクして、描いた鶏が本当に動き出す!と都市伝説もあったそうです

人気の秘密は、教養がなくても楽しめる、写生イラストだったと

それまでは、中国の故事や和歌など元ネタ知らないと楽しめない絵が主流だったところ

絵の写生、実物を生き生きと描くスタイルで広く受け入れられたと

しかもただのリアルな写実ではなく、本物の感じが生き生きするように描いたと!

しかも円山応挙はめちゃいい人だったと

給湯流も、そんな応挙のような
広くみなさんに茶道をプレゼンできる団体になりたい!唐突な2020年の目標をかかげ

1/26夜、神田明神で茶会とタピオカ狂言やります

皆さま来てくださーい

給湯流 神田明神 で検索してください @ 中之島香雪美術館


«  【画廊レポ】浮世絵 五拾画廊@神保町 (競合分析)